*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.98円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 133.83円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 38.7500ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 89.10円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 151.18円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.3509ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年07月14日(金)08時36分 ドル・円は113円台で推移か、米長期金利の上昇を意識してリスク回避のドル売り縮小も

 13日のドル・円相場は、東京市場では113円53銭から112円86銭まで下落。欧米市場でドル・円は一時113円47銭まで上昇し、113円28銭で取引を終えた。  本日14日のドル・円は113円台で推移か。米長期金利の上昇や欧米株高を意識して、リスク回避的なドル売り・円買いは縮小するとみられる。  13日に米上院銀行委員会で行われた米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長の議会証言では、「労働市場はかなりひっ迫、賃金に圧力を加える可能性がある」、「保有資産縮小の間、長期金利はいくらか上昇すると予想する」との見解が表明された。米国債市場で目立った反応はなかったが、イエレンFRB議長が長期金利の上昇を予想したことから、ドル買い材料となった。  ただ、イエレンFRB議長は、トランプ大統領が示した経済成長率3
%達成の目標は困難になる可能性があるとの見解を示しており、市場関係者の間では政策金利(FFレート)は2%程度が上限になるとの見方が浮上している。米議会予算局(CBO)は高齢化社会の進展や生産性が伸び悩んでいることから、米国の潜在成長率は2%近辺に低下している可能性があるとの見方を示している。  市場関係者の間では、金利引き上げとバランスシートの縮小は経済成長率3%の達成を阻む要因にはならないとの見方が多いようだが、インフレ率の鈍化に対する警戒感は消えていないようだ。このため、インフレ関連指標に対する市場の関心はさらに高まる可能性がありそうだ。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/07/14 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

12月17日(火) 01時12分 ■LDNFIX=ユーロ上昇は一服、米イベント控え動意は鈍い

 ロンドンフィックスにかけては、強い独PMIやユーロ圏の短期金利上昇を...

続きを見る

01月09日(金) 06時45分 NZ・11月住宅建設許可件数

NZ・11月住宅建設許可件数(前月比) 前回:+8.8% 予想:N/A...

続きを見る

05月14日(木) 16時53分 ドル円、119円割れでは下げ渋る リバウンド狙いか

 ドル円は119.20円付近まで切り返した。一時118.89円まで下げ...

続きを見る

09月02日(月) 11時06分 ポンドは堅調、対ユーロでの上昇が後押しに

 ポンドは堅調。特段目立った材料は見受けられないものの、対ユーロでの上...

続きを見る

PAGE TOP ↑