*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.01円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 129.75円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1688ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 88.55円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 145.15円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.3075ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年07月08日(土)09時44分 金:反落、米金融正常化への加速を受けて売り優勢に

COMEX金8月限終値:1209.70 ↓13.60  7日のNY金先物8月限は反落。1206.60ドルから1228.10ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。6月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が前月比+22.2万人と市場予想を上回る結果となり、米国株は上昇。米国金融政策の正常化を後押しする内容となったことから金は売り優勢となった。日足チャートでは、1200ドル台での攻防を迎えている。
原油:大幅反落、石油リグ稼働数の増加などが嫌気される
NYMEX原油8月限終値:44.23 ↓1.29  7日のNY原油先物8月限は大幅反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比-1.29ドルの44.23ドルで取引を終えた。石油リグ(掘削装置)の稼働数が再び増えたことが原油先物下落の要因。米長期金利の上昇やドル高も一部で材料視されたようだ。  市場関係者の間では「石油輸出国機構(OPEC)主導による減産合意が順守されても供給超過の状態が短期間で解消されることは難しくなった」との見方が増えており、「原油需要の増加につながる材料が提供されない場合、原油価格の本格的な上昇は期待できない」との声が聞かれている。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/07/10 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

07月10日(木) 03時40分 ハト派なドラギ発言よそにユーロ上昇、一方でドル円反落

 ドラギECB総裁の緩和策維持や非伝統的な政策導入の可能性に触れた発言...

続きを見る

03月24日(木) 10時08分 ドル円は112円後半に反発、底堅いも方向感は鈍い

 日経平均のさえない動きを眺めながら、ドル円は112.30円までやや売...

続きを見る

03月05日(水) 23時19分 クロス円の上昇は小休止、NZドル円は86円前半で高値もみ合い

 クロス円の上昇は小休止。ユーロ円は、ウクライナの緊張緩和を背景とする...

続きを見る

05月05日(火) 13時30分 豪・豪中銀政策金利

豪・豪中銀政策金利 前回:2.25% 予想:2.00% 結果:2.00...

続きを見る

PAGE TOP ↑