*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 112.31円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 134.16円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1945ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 88.96円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 152.44円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.3573ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年07月06日(木)06時25分 NY為替・5日=FOMC議事録でトレンド出ずドル不安定な振れ

 NYタイム、午前は円買いが先行した。ドル円は、弱い米製造業受注指数や原油・株安、米長期金利の低下とリスク回避を意識した円買いから、113円前半で下値を探った。米5月製造業受注指数は前月比-0.8%と、昨年11月以来の大きな落ち込みだった。
 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表後は、米長期金利・ドルは不安定に上下。FOMCメンバーのバランスシート縮小開始時期に関する見解がまちまちで、時期が明示されなかったことが米金利低下につながった。一方、足元の弱めなインフレ動向が一時的であるとの見解が示され、金利は持ち直した。10年債利回りは2.32%、ドル円は113円前後へ下振れ。その後、それぞれ2.35%近く、113円半ばへ持ち直した。
 だが、NY終盤はリスク回避方向へ傾き、米長期金利は2.32%台、ドル円は113円前半へ下押し。ヘイリー米国連大使が、北朝鮮との交渉に貿易が利用できるとしながらも、「必要なら武力行使も」との見解を示したと一部通信社が伝えた。NY原油先物が45ドル割れを試す動きとなったことも重し。  ユーロ円が一時128.16円まで下落するなど、多くの通貨に対して円買いが先行した。ポンド円は146円前半、スイスフラン(CHF)円は117円前半へ下押し。資源国通貨も、豪ドル円が85.67円、NZドル円は82.10円、加ドル円は86.94円まで水準を下げ、南ア・ランド(ZAR)円は6月1日以来の安値8.39円まで下落した。  米長期金利が低下傾向、ドルが軟調だったことから、ユーロドルは1.13ドル半ばへ小戻し。ポンドドルは1.29ドル前半で下げ渋った。  ロ
シアの減産拡大反対やOPECの輸出増加で原油安が進むなか、産油国通貨の加ドルほか資源国通貨は軒並み売られた。ドル/加ドルは1.3015加ドルまで加ドル安。豪ドル/ドルは6月26日以来の安値0.7571ドル、NZドル/ドルは0.7255ドルまで下値を探った。
 ドルZARは13.50ZAR目前と5月18日以来、7週間ぶりのZAR安値をつけた。南ア与党アフリカ民族会議(ANC)が中央銀行の国有化を提案。中銀が独立性を保ち、通貨価値を防衛する動きが阻害されるとの懸念が強まった。  6時現在、ドル円は113.26円、ユーロドルは1.1352ドル、ユーロ円は128.57円で推移。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/07/06 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

2017年03月30日(木)13時14分 ドル円、NYカットのオプションが値動き抑制か

 ドル円は、月末、期末に向けた閑散取引の中、111円前半での小動きが続...

続きを見る

09月18日(水) 22時53分 資源国通貨中心に円買いに傾く、豪ドル円は92.45円まで

 為替市場は、資源国通貨を中心にやや円買いに傾いている。米FOMCを控...

続きを見る

04月01日(火) 21時52分 ユーロ高・ポンド安続く、ユーロポンドは0.83ポンド台回復

 本日発表されたユーロ圏の経済指標はおおむね良好な結果となったが、英製...

続きを見る

07月09日(水) 21時22分 NY早朝はややドル買い、ドル円は101.74円まで上昇

 NYタイム早朝はややドル買いが優勢で、ドル円は101.74円まで上値...

続きを見る

2016年05月20日(金)01時15分 [通貨オプション] R/R円コールスプレッド連日で縮小、円プット買い強まる

 ドル・円オプション市場で変動率はまちまち。調整色が強かった。リスクリ...

続きを見る

PAGE TOP ↑