*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.12円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 129.61円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1663ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 87.93円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 144.43円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2993ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月28日(水)19時15分 NY為替見通し=クロス円の堅調さがドル円を引っ張る

【修正;本文一部修正しました】  ドル円は米長期債利回りが上昇したことや、ユーロ円が昨年4月1日以来の高値レベルまで上がっていることもあり一時112.42円まで上昇した。しかし利回りが若干低下しストップロスの売りも入り111.83円まで下落した。その後再び利回りが上がり112円前半まで戻り、もみ合いになった。高値の上の112.50円、113.00円には売りが見えるが、日銀の出口だけが見えないこともあり、円は売られやすい状況には変わりがなく、ドル円は底堅くなりそうだ。
 本日はこの後ポロズBOC(カナダ銀行)総裁、ドラギECB総裁、カーニーBOE総裁が討論会に出席する。この中で本日ポロズBOC(カナダ銀行)総裁はカナダの成長はポテンシャル以上と述べ、ドラギECB総裁は昨日デフレリスクからリフレにと発言し、カナダもユーロも買われたことを考えると、これらの発言を一日も経たないうちに否定するとは考えにくく、クロス円が堅調に推移しドル円も上値を伸ばしそうだ。
 本日は米国からはMBA住宅ローン申請指数とここ最近相場をかく乱させている週間原油在庫が発表される。 ・想定レンジ上限
 ドル円の上値のめどは、最初は昨日の高値112.47円の上に控えている112.50円だが、その上は5月17日につけた113.13円。 ・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは、週足一目均衡表の雲の上限にあたる111.74円。その下は200日線と先週21日に止められた同じレベルの111.07円。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/28 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

09月08日(月) 06時33分 ドル円は105円前半 ポンド以外の動意は乏しい

 ドル円は105円前半と、先週末引け値水準で小動き。米8月雇用統計の、...

続きを見る

06月02日(火) 22時53分 ドル円の調整進む、深押しあれば転換線程度か

 ドル円は東京タイムに節目の125円に到達した達成感もあってか、ユーロ...

続きを見る

06月01日(月) 17時44分 欧州通貨の軟調続く、ユーロドルも1.09ドル大台割れ

 欧州通貨の軟調な動きが継続。ユーロドルは1.09ドル大台を割り込むと...

続きを見る

11月14日(木) 02時52分 NY午後はドル安落ち着く、ユーロドルは1.34ドル半ば

 NYタイムも正午をまわり、強まっていたドル安地合いも一服。ドル円は9...

続きを見る

PAGE TOP ↑