*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 109.64円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 128.86円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1753ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 86.46円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 140.48円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2814ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月17日(土)10時10分 金:反発、米経済指標の低迷を受けて

COMEX金8月限終値:1256.50 ↑1.90  16日のNY金先物8月限は反発。1253.20ドルから1258.60ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米FOMC後の下落に対する反動が入ったとの観測。米経済指標が低調だったことも買い戻しを誘う材料となった。日足チャートでは、200日移動平均線や100日移動平均線での攻防を迎えている。 原油:反発、一部産油国はOPEC主導の協調減産に従う意向
NYMEX原油7月限終値:44.74 ↑0.28  16日のNY原油先物7月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比+0.28ドルの44.74ドルでこの日の取引を終えた。原油の供給超過状態は解消されていないが、週末前で短期筋のポジション調整的な買いが入ったようだ。また、一部産油国は6月、7月に石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産に従う意向があると報じられたことや、為替相場がドル安・ユーロ高に振れたことも材料視されたようだ。なお、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが16日午後に公表した国内の石油掘削リグ稼働数は前週比6基増加し747基となった。稼働数は22週連続で増加している。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/19 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

PAGE TOP ↑