*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.93円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 134.20円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1988ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 89.15円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 151.74円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.3556ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月13日(火)07時38分 金:4日続落、米FOMCを前に方向感乏しい展開

COMEX金8月限終値:1268.90↓2.50  12日のNY金先物8月限は4日続落。1265.60ドルから1272.40ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。13-14日に米FOMC開催が控えており0.25%の利上げ実施が見込まれていることから、ポジション調整の売買に終始。方向感に乏しい展開となった。日足チャートでは、1300ドルの大台手前で失速。4月同様、調整局面を迎えている。 原油:小幅続伸、需給バランス改善への期待残る
NYMEX原油7月限終値:46.08 ↑0.25  12日のNY原油先物7月限は続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比+0.25ドルの46.08ドルで取引を終えた。需給バランスが改善するとの期待が強まった。サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は、「今後3、4カ月間は在庫減少のペースは加速する」との見方を示したことが材料視されたようだ。需要減少に対する警戒感は高まっていないことも原油先物を下支えした。なお、12日の米国株は弱含みとなったが、株安は特に嫌気されなかったようだ。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/13 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

2016年10月24日(月)18時15分 ドル・円は上値の重い展開、ユーロ安一服も影響か

[欧米市場の為替相場動向]  今日夕方発表されたドイツやユーロ圏のPM...

続きを見る

07月17日(木) 19時51分 クロス円がけん引する格好で円高 欧州株安も一因か

 欧州タイム中盤になってにわかに円高圧力が高まってきた。軟調だった欧州...

続きを見る

10月06日(月) 22時07分 NYタイム早朝はドル売り一服、ドル円は109.40円近辺

NYタイム早朝はドル売りが一服。ドル円は109.14円を安値に109....

続きを見る

12月13日(金) 22時30分 米・11月卸売物価指数

米・11月卸売物価指数(前月比) 前回:-0.2% 予想: 0.0% ...

続きを見る

PAGE TOP ↑