*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 109.26円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 128.37円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1747ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 86.67円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 140.41円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2851ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月10日(土)10時36分 金:3日続落、イベント通過による不透明感後退で売り優勢に

COMEX金8月限終値:1271.40↓8.10 9日のNY金先物8月限は3日続落。1266.70ドルから1284.60ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。コミー前FBI長官の議会証言や英国総選挙が通過したことで市場は不透明感が後退。NYダウが史上最高値を更新する展開となったことから、金は売り優勢となった。日足チャートでは、1300ドルの大台手前で失速。4月同様、調整局面を迎えている。 原油:小幅反発、米政治不安緩和などを材料視
NYMEX原油7月限終値:45.83 ↑0.19
 
9日のNY原油先物7月限は小幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物7月限は前日比+0.19ドルの45.83ドルで取引を終えた。米国やナイジェリア、リビアで生産が拡大しており、石油輸出国機構(OPEC)主導の減産は供給過剰の解消につながらないとの見方は後退していないが、米国の政治不安はある程度和らいでおり、週末前のポジション調整的な買いが入ったことが要因。需要減少に対する警戒感は高まっていないことも原油先物を下支えした。9日の米国株はまちまちの動きを見せたが、NYダウがやや強い動きを見せたことは好材料となったようだ。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/12 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

12月05日(金) 14時50分 【ディーラー発】ドル円、再び120円乗せ(東京午後)

今夜の米雇用統計発表を控え動意が薄くなる中、日経平均が前日比プラスに転...

続きを見る

2017年05月10日(水)18時17分 ユーロ昨日安値付近へ下落、ポンドも対ドル・対円で軟化

 欧州入りにかけ、軟調なユーロに対してポンドは買われたものの、足元では...

続きを見る

2016年07月05日(火)09時51分 【速報】英国会議員がブレア元首相を起訴

英紙ガーディアンは4日、イラク戦争へのイギリス参戦に関する調査の一環で...

続きを見る

01月22日(木) 18時46分 ドル円じり安、ユーロドルは1.16ドル前半

 欧州中央銀行(ECB)理事会を控え様子見ムードが強く小動き。ただ、ド...

続きを見る

PAGE TOP ↑