*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.98円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 133.83円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 38.7500ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 89.10円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 151.18円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.3509ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月05日(月)19時44分 東京為替サマリー(5日)

東京午前=株は底堅い、ドル円・クロス円に買い戻し入る  東京午前の為替市場は、ウェリントン市場が休場の流動性が薄いオセアニア時間に弱含んだドル円・クロス円が、安寄りした日経平均株価のプラス圏に戻す推移を受けて反発した。日経平均はマイナスで寄り付いたが、2万円台での底堅さを確認しプラス圏に浮上して引けた。
 ドル円は110円前半から110.62円まで上昇。先週末の下落要因・5月非農業部門雇用者数+13.8万人に対しては、米国が完全雇用(またはそれに近い)状態にあるなかでそれほど悪くない数字という見方もあるため、ショートの買い戻しや値ごろ感でのドル買いも入ったもよう。ユーロ円は124円半ばでもみ合い、ポンド円がロンドンでのテロ事件の影響もあり、141.73円まで下落(NY終値142.32円)したが売りは続かず、再びNY終値付近まで買い戻された。ユーロドルは昨年11月9日以来の高値1.13ドルを前に足踏み、1.1270ドル近辺の狭いレンジで取引された。ポンドドルはポンド円ほどテロ事件には反応せず、1.28ドル後半で小動き。  豪ドルはオセアニア時間に弱含んだが、中国経済指標の前回より強い結果に反発した。豪ドル/ドルは0.74ドル前
半から0.7457ドルまで、朝方に81.78円まで下押しした豪ドル円も一時82.45円まで水準を回復している。中国5月財新サービス業PMIは52.8と、前回発表値の51.5を上回った。
 NZドルは、ウェリントン市場が女王誕生日で休場なため動きづらい展開。NZドル/ドルが0.71ドル前半、NZドル円は78円後半でこう着。 東京午後=クロス円は底堅く推移、日経平均が下支え  東京午後の為替相場は、ドル円・クロス円が盛り上がりはないながらもじり高に推移。底堅い値動きの日経平均や原油高が下支え要因となった。
 ドル円は111.73円まで上値を伸ばしたが、伸び悩み。米10年債利回りが2.16%と低い水準にあること、トランプ米大統領がロシアゲート疑惑で8日に正念場を迎える(コミー前FBI長官が公聴会で発言)ことなどが上値の重しとなっているか。ドル円が強含んだ局面でクロス円も上値を広げ、ユーロ円が124.71円、ポンド円は142.50円まで買われた。  ユーロドルは東京タイムでは1.13ドルを試す勢いは無く、1.1265ドル近辺で小動き。ポンドドルも1.28ドル後半は重く、動意は鈍かった。
 豪ドル円が82.58円まで、豪ドルも0.74ドル半ばと小じっかり。一方、NZドル/ドルは0.71ドル前半、NZドル円は78円後半で上値が重かった。  サウジアラビア・バーレーン・UAE・エジプトがカタールと国交断絶との報道で、中東情勢の緊張感が高まりから、NY原油は時間外で48.40ドル近辺まで上昇した。産油国通貨である加ドルも強含み、ドル/加ドルは1.3473加ドル、加ドル円が82.12円までの加ドル高となった。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/05 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

12月13日(金) 02時04分 ドル買い落ち着くも各通貨対ドルで安値圏、ドル円は103円前半

 良好な米経済指標に後押しされたドル買いは一巡しているが、各通貨は対ド...

続きを見る

04月27日(水) 15時45分 仏・4月消費者信頼感指数

仏・4月消費者信頼感指数 前回:94 予想:95 結果:94 DIAM...

続きを見る

2017年09月20日(水)19時53分 東京為替サマリー(20日)

東京午前=ドル円は111円半ばで小幅な値動き  東京午前のドル円は、米...

続きを見る

04月23日(火) 19時48分 円買い再燃、ドル円は98.48円まで下押し

 一服していた円買いが再燃。ドル円・クロス円は戻りが鈍いことが嫌気され...

続きを見る

PAGE TOP ↑