*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 112.30円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 127.07円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1314ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 85.18円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 143.58円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2784ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月03日(土)09時22分 金:反発、米雇用者数の伸び減速を受けたドル安で買い強まる

COMEX金8月限終値:1280.20↑10.10  2日のNY金先物は反発。1264.80ドルから1281.80ドルまで上昇した。米国の5月雇用統計発表直前にこの日の安値をつけた。発表後は、非農業部門雇用者数の増加幅が予想を大きく下回り、平均時給も横ばい(前月と同じ伸び)と期待外れとなったことからドル売りが優勢になり、割安感による金の買いが強まった。ただ、この日の高値をつけた後は、米株が続伸していたことで上げ渋りとなった。
原油:反落、米パリ協定脱退、リグ稼働数増加で売り
NYMEX原油7月限終値:47.66↓0.70  2日のNY原油先物は反落。47.03ドルを安値に、一時48.07ドルまで上昇した。トランプ米大統領が前日パリ協定からの脱退を発表したことを受けて、米国からの供給拡大への思惑などから売りが先行。その後、期待外れの米雇用統計によるドル売りで、割安感からいったん買い戻しになった。しかし、米ベーカー・ヒューズ社が発表した米国内の石油掘削装置(リグ)稼働数が、11基増の733基となり、20週連続の増加となったことから、売りが再燃した。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/05 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

PAGE TOP ↑