*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.12円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 129.61円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1663ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 87.93円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 144.43円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2993ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月02日(金)11時57分 東京午前=円安、株高でリスク選好地合い

 東京午前の為替市場は、日経平均が2015年12月以来の2万円台に乗せたことを好感し、リスク選好地合いの円売り相場となった。ドル円・クロス円ともに堅調地合いとなり、昨日の海外市場の高値を上抜けし底堅く推移した。日経平均はその後も力強く上昇したが、市場が本日一番注目している米5月雇用統計を控えて、徐々に円売りの勢いも衰えていった。
 ドル円は111.68円、ユーロ円が125.27円まで上値を伸ばし、戻りは限定的。ポンド円は143.96円と144円手前まで強含んだが伸び悩み、143円後半でもみ合った。ユーロドルは1.12ドル前半で小動き。ユーロ円の買いが下支えとなっているが、米指標前のポジション調整売りもでていたもよう。ポンドドルも、ポンド円の買いで1.29ドル手前まで上昇したが失速し、1.28ドル後半で推移。来週の英総選挙に対する不透明感が、ポンドの重しとなっている。  オセアニア通貨も対円では底堅く、豪ドル円が82円半ば、NZドル円は79円手前までじり高となった。対ドルでは、豪ドル/ドルが0.73ドル後半、NZドル/ドルは0.7065ドルを中心とした狭いレンジで取引された。豪ドルは、昨日の中国指標悪化を嫌気した売りから頭が重い展開が続いている。  午
後の為替市場も、好調な株式市場を頼りにリスクオン地合いが継続か。米雇用統計も控えて積極的に上値追いかけるか難しいところだが、クロス円の底堅さは変わらずで下値は限定的となるだろう。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/02 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

12月09日(水) 11時45分 ■東京午前=株安でやや円高、昨日の海外市場の流れを引き継ぐ

 東京午前の為替市場は小動き。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)待...

続きを見る

08月03日(月) 10時45分 中国・7月Caixin製造業PMI

中国・7月Caixin製造業PMI 前回:48.2 予想:48.3 結...

続きを見る

10月29日(火) 16時45分 仏・10月消費者信頼感指数

仏・10月消費者信頼感指数 前回:85 予想:86 今回:85 &nb...

続きを見る

01月07日(水) 10時53分 【ディーラー発】ドル円クロス円堅調(東京午前)

小幅続落となった日経平均が一時プラス圏へと持ち直す動きに連動し、ドル円...

続きを見る

PAGE TOP ↑