*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 110.19円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 128.78円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1687ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 87.27円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 141.78円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2868ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年06月01日(木)20時39分 LDN午前=対欧州通貨でドル強含み、ドル円は昨日の下落帳消し

 ロンドン午前も、ドル円は昨日に下落した値幅をなぞり直すような戻りを継続した。昨日はNYタイムに、誤って5月のシカゴ購買部協会景気指数が市場予想の57.0よりも弱い55.2と発表されたアクシデントで、一時110.49円まで下落した。しかし足元では一時111.20円と、昨日高値111.23円からの下落幅をほぼ取り戻した。対欧州通貨などでドルが強含んだことが下支えになった。  ユーロドルは高値もみ合いの地合いを徐々に緩め、1.1217ドルまでじり安。ユーロ圏5月製造業PMI・確報値は57.0と、予想通り速報値と変わらず、6年ぶり強の高水準を維持した。しかし、6年ぶりの高水準58.2のドイツ以外の主要国PMIは総じて弱めだった。ユーロ円は124円後半でもみ合い。
 ポンドは英総選挙に関する不透明感が重し、世論調査に一喜一憂で結局は下値探る動きを強め、一時1.2830ドルまで下落。ポンド円は142円後半で戻りが鈍かった。  資源国通貨もさえず、豪ドル/ドルは0.74ドル付近、NZドル/ドルは0.70ドル後半で上値が重かった。豪ドル円は82円前半、NZドル円は78円後半で推移。ドル/加ドルは1.34加ドル後半を中心としたもみ合い。加ドル円は一時82.47円までじり高となったものの、時間外取引のNY原油先物のじり安を受けて伸び悩んだ。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/06/01 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

2016年07月27日(水)14時51分 ■東京午後=経済対策への期待で円売り強まるも失速

 東京午後、ランチタイム付近から円売りが加速した。来週閣議決定される景...

続きを見る

08月04日(火) 23時33分 ポンド重い、対ユーロのポンド売りフローで

 ロンドンフィックスにかけてユーロ買い・ポンド売りが入っている。ユーロ...

続きを見る

08月19日(月) 11時48分 東京午前=円売り先行も緩む、ドル円反落でドル売りの動きも

 週明けの東京タイム午前は朝方から円売りが先行した。お盆休み明けで、市...

続きを見る

2017年08月03日(木)23時31分 ドル円110.00円割れ、ユーロドルも高値更新

 ドル売りが継続され、ドル円は110.00円を割り込み109.95円ま...

続きを見る

PAGE TOP ↑