*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.10円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 129.35円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1642ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 88.04円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 144.75円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.3028ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年05月25日(木)19時42分 LDN午前=ドル円111円後半、ポンドはGDP下方修正で失速

 ロンドンタイム午前の為替相場で、ドル円は111.94円まで上値を伸ばすなど底堅い動きとなった。昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録公表後はややドル売りで反応するも、米6月利上げ期待は後退せず、ドル円の下値は堅い。一方で、トランプリスクへの警戒感は継続しており、上値も重い。  ポンドは買いが先行するも、英1-3月期GDPの下方修正を受けて失速。英1-3月期GDP・改定値は前期比が+0.3%から+0.2%、前年比が+2.1%から+2.0%に速報値から修正された。ポンドドルは1.3015ドルを頭に1.2940ドルまで反落し、ポンド円は145.44円を高値に144円後半に押し戻された。また、ユーロドルは1.1250ドルを頭に1.12ドル前半で小幅の上下にとどまった一方で、ポンド円は125.81円まで上昇した。  資源国通貨は上値の重い動き。豪ドル
/ドルは0.7461ドル、NZドル/ドルは0.7017ドルまで弱含み、ドル/加ドルは1.3448加ドルまでドル高・加ドル安。また、豪ドル円は83円半ば、NZドル円は78円後半、加ドル円は83円前半で伸び悩んだ。石油輸出国機構(OPEC)総会を控え、時間外のNY原油先物は一時52.00まで強含むも、50ドル前半まで急速に売りが強まるなど、神経質な動き。ファリハ・サウジアラビア・エネルギー産業鉱物資源相は、OPEC総会で、減産幅は変更せず9カ月の延長が合意される公算が大きいと述べた。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/05/25 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

2016年11月22日(火)01時43分 ユーロドル重い、ECB総裁が緩和継続の意思を繰り返し述べる

 ユーロドルは1.06ドル付近で上値が重い。ドラギECB総裁が改めて緩...

続きを見る

08月05日(火) 19時39分 LDN序盤まとめ=ユーロ安・ポンド高、景況感が明暗分ける

・ユーロ圏7月総合・サービス業PMI確報値はともに速報値から下方修正、...

続きを見る

11月13日(木) 00時35分 資源国通貨はじり高、NZドル円は90.94円まで上昇

 資源国通貨はじり高。豪ドル/ドルは0.8741ドル、NZドル/ドルは...

続きを見る

07月22日(月) 10時51分 東京前場概況-円強含み

参院選での自民党圧勝はすでに織り込み済みとあって、ドル円クロス円は利益...

続きを見る

04月15日(月) 13時37分 ユーロ円 市場オーダー状況=13:37現在

131.00円 売り・超えるとストップロス買い、OPバリア観測 130...

続きを見る

PAGE TOP ↑