*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 111.80円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 124.99円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1180ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 83.61円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 144.94円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2964ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年05月13日(土)08時17分 金:3日続伸、トランプ政権に対する不透明感の高まりを受けて

COMEX金6月限終値:1227.70↑3.50  12日のNY金先物6月限は3日続伸。1224.40ドルから1231.60ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。コミー前FBI長官解任に伴うトランプ政権に対する不透明感が高まっていることが、買い材料視された。また、米国株がさえない動きとなったことも影響。日足チャートでは、100日移動平均線(1227ドル水準)レベルでのもみ合いとなっている。
原油:小幅続伸、産油国の協調減産継続への期待などが支援材料に
NYMEX原油6月限終値:47.84 ↑0.01  12日のNY原油先物6月限は小幅続伸。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.01ドルの47.84ドルで取引を終えた。この日発表された4月米小売売上高が予想を下回ったことなどを嫌って、通常取引開始後に47.35ドルまで売られる場面があった。しかしながら、石油輸出国機構(OPEC)加盟国、非加盟国の協調減産は期限の6月以降も継続されるとの期待が前日に続いて下支えとなったようだ。また、為替相場がドル安に振れたことや米長期金利の低下も一部で材料視された。市場参加者の間からは「供給超過の状態は解消されつつある」との声も聞かれている。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/05/15 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

08月08日(金) 18時22分 【ディーラー発】ドル売り一時強まる(欧州午前)

米債利回りの低下を背景にドル売りが先行。ドル円は一時101円51銭付近...

続きを見る

05月19日(火) 10時50分 ユーロは対ドル・対円で昨日安値を下回った推移

 ユーロドルは1.1326ドルまで買われたあとに失速。1.1292ドル...

続きを見る

07月14日(火) 15時12分 欧州朝方はユーロ売り先行 対ドルは雲下限を明確に下抜け

 欧州朝方はユーロ売りが先行。ユーロドルは1.0965ドルまで下値を広...

続きを見る

01月20日(水) 04時15分 ドル円失速 米株価はマイナス転換、原油は一段安

 ドル円は117.40円付近で重い。原油価格が一段と下げ、米株価指数が...

続きを見る

PAGE TOP ↑