*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 110.98円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 130.26円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1736ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 88.58円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 145.34円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.3095ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年05月11日(木)20時52分 東京為替サマリー(11日)

■東京午前=NZドル円・加ドル円がドル円の上値を押さえる    東京午前の為替相場はNZドルと加ドルの売りが主導する展開だった。ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は政策金利を予想通りに1.75%据え置いた。しかしその後の声明で、インフレの鈍化、現行水準の政策継続を強調したことが嫌気され、NZドル/ドルは0.69ドル半ばから0.68ドル前半まで急落し、昨年6月3日以来の安値水準となる0.6818ドルまで売られた。NZドル円も79円前半から77.87円まで急落した。
 加ドルはムーディーズがカナダの銀行6行を格下げしたとの報道で下落。ドル/加ドルは1.36加ドル半ばから1.3743加ドル、加ドル円が83円後半から83.04円までの加ドル売りとなった。  ドル円は東京時間では114円前半で上値が重い値動き。本邦輸出の円買い、NZドル円や加ドル円の売りがドル円を下押しした。3月貿易収支は8655億円の黒字と前月より黒字幅を縮小させたが、2カ月連続の黒字。3月経常収支は2兆9077億の黒字と前月を上回ったが、ドル円は動意薄い動きだった。  ユーロは対円、対ドルでもこう着状態。ユーロ円は124円前半、ユーロドルが1.0875ドルを挟んで小動き。ポンドドルも本日のイングランド銀行金融政策委員会(MPC)の政策金利発表を控えて方向感なく、1.2940ドル前後でもみ合い。昨日のロンドン時間に昨年12月15
日以来の148円台に乗せたポンド円は、147円後半で推移した。
 NZドル売り/豪ドル買いのフローも出て、豪ドル/ドルは0.73ドル半ばで小じっかり。豪ドル円は84円近辺での値動きだった。 ■東京午後=動意薄、ドル円は114円前半でもみ合い    東京午後の為替相場は動意薄。日経平均は本日も19900円台で堅調地合いを維持するも、心理的節目の2万円を試す動きには持ち込めず伸び悩んだ。時間外で低下の米10年債利回りは2.38%台でほぼ横ばい推移し、手がかりとはならなかった。  昨日に3月15日以来の114円台を回復したドル円は114円前半でもみ合い。米6月利上げを支えに堅調地合いを維持するも、北朝鮮などの地政学リスクへの警戒感も残されており、上昇に勢いはない。ユーロドルは1.08ドル後半、ユーロ円は124円前半でこう着し、本日のロンドンタイムで英金融政策イベントを控え、
ポンドドルは1.29ドル前半、ポンド円は147円後半で模様眺めムード。  ニュージーランド準備銀行(RBNZ)のハト派寄りの声明を背景としたNZドル売りや、格付け会社ムーディーズの加銀行格下げ報道を受けた加ドル安は一服するも、戻りは限定的。NZドル/ドルは0.68ドル半ば、NZドル円は78円前半までわずかにショートカバーが入り、ドル/加ドルは1.37加ドル前半、加ドル円は83円前半と、加ドルの安値圏で推移した。また、豪ドル/ドルは0.73ドル半ば、豪ドル円は84円前後でもみ合い。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/05/11 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

PAGE TOP ↑