*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 108.86円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 128.62円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1814ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 86.41円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 140.47円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2902ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年05月06日(土)09時16分 金:続落、米6月利上げへの期待感が上昇

COMEX金6月限終値:1226.90↓1.70  5日のNY金先物6月限は続落。1226.20ドルから1236.00ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。米雇用統計が堅調な内容だったことから6月利上げへの期待感が上昇。順調な利上げの流れが再確認できたことが金の弱材料となった。日足チャートでは、200日移動平均線(1261ドル水準)を下回った後は、100日移動平均線(1223ドル水準)で下げ渋っている。
原油:反発、押し目買いや米雇用統計改善を受けて46ドル台に戻す
NYMEX原油6月限終値:46.22 ↑0.70  5日のNY原油先物6月限は反発。前日比+0.70ドルの46.22ドルで取引を終えた。時間外取引(5日のアジア市場)で一時44ドルを下回る場面があったが、短期筋などの押し目買いが入ったことから、原油先物は反転した。5日の通常取引では4月の米雇用統計が予想を上回る強い内容だったことを好感して、原油需要増加への期待が広がり、NY原油先物はしっかりとした動きを見せた。  ただ、市場関係者の間では米国内におけるシェール生産の水準が回復しており、石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の減産合意が延長されても、供給超過の状態は解消されないとの見方が多い。このため、需要増加につながる新たな材料が提供されない場合、原油先物の上昇が続くことは難しいとみられている。 DIAMON
D FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/05/08 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

PAGE TOP ↑