*

通貨ペア 為替レート 最新2chスレ
米ドル円 110.94円 【USD/JPY】ドル円専用スレ 【$\】
ユーロ円 123.71円 【EUR/JPY】ユーロ円専用スレ
ユーロドル 1.1150ドル 【EUR/USD】ユーロドルはどうなる?【ユロドル専用】
豪ドル円 82.61円 【AUD】豪ドルのレートに一喜一憂するスレ
ポンド円 142.76円 【GBP】ポンドはどうする?【£】 (346)
ポンド米ドル 1.2869ドル 【GBP/USD】復活ポンドル専用
<スポンサードリンク>

2017年05月04日(木)08時36分 金:反落、米経済指標良好でドル買い進む

COMEX金6月限終値:1248.50↓-8.50  3日のNY金先物6月限は反落。1236.40ドルから1257.80ドルのレンジで推移した(時間外取引含む)。予想を上回った米4月ISM非製造業景況指数(総合)、米財務省が超長期債の発行を示唆したため債券利回り上昇に伴うドル買いが優勢となった。また、米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り政策金利を据え置いたが、6月利上げを示唆したため、金はさえない展開に。日足チャートでは、200日移動平均線(1262ドル水準)を下回っている。
原油:小幅高、短期筋などのショートカバーで下げ渋る
NYMEX原油6月限終値:47.82 ↑0.16  3日のNY原油先物6月限は小幅高。前日比+0.16ドルの47.82ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)が3日発表した先週の米原油在庫は、93万バレルの減少にとどまり市場予想(300万バレル程度の減少)を下回った。在庫統計は強気になれる材料ではなかったが、短期筋などのショートカバーが入ったことで原油先物は下げ渋った。ただし、生産は2015年8月以来の水準まで増加しており、供給超過に対する投資家の警戒感は払拭されていない。チャート上では100日移動平均(51.66ドル水準)との下方乖離が続いている。 DIAMOND FINANCIAL RESEARCH Ltd.

2017/05/04 | コラム

コメント/トラックバック

現在、この投稿へのコメント/トラックバックは受け付けていません。

関連記事

記事をランダムに

PAGE TOP ↑